HOME > 暮らしのガイド > 暮らしと住まい 災害

仕事 - 基礎知識

■フィリピンで働く
フィリピン国内には、商工会議所の登録数だけでも600以上の日系企業があります。日本人がフィリピンで働くチャンスを得られるのは、日系企業での求人がほとんどです。その他ローカル企業、外資系企業においては、日本人観光客向けのサービスを提供する業種(ホテル等)や、在比日系企業を顧客とする製造業において日本人の需要があります。例として、営業・総務・経理・秘書・通訳・翻訳・生産管理・工場管理・SE・プログラマー・カスタマーサービスのといった求人は頻繁に募集があります。
 フィリピンに限った事ではありませんが、コスト削減のため駐在員数を減らし、現地採用に切り替える動きは数年前から続いています。駐在員と違い現地法人等での採用になるため、日本の社会保険や給与体系等、駐在員待遇は適応されません。一方でフィリピン人ローカルスタッフの給与体系とは異なり、フィリピンである程度の生活が保障される待遇は用意されています。
フィリピン人スタッフと異なる待遇が用意されている分、日本人に求められるものは“即戦力”です。例えば、経理経験者、品質保証経験者、ソフトウェア開発経験者等、専門的知識は高い評価に繋がります。もちろん新卒の募集もありますし、若い方であれば未経験可の仕事も多くあり、採用担当者の最終的な採用判断基準は『人物重視』となります。経験スキルが足りなくても、熱意や積極性で採用されるケースは少なくありません。
いずれにしても、日本人は管理的な立場を任せられることが多く、これまでの経験を問わず、“Supervisor”“Manager”と言ったタイトルが与えられ、フィリピン人部下を数人持つ事になります。フィリピン人スタッフにしてみれば、いきなり入社した日本人(しかも年下の場合もありえます)が上司になるのですから、大きな期待が寄せられるはずです。 “指導力”“コミュニケーション能力”“管理能力”といったスキルが必要とされるでしょう。

■フィリピンで働くための語学力
仕事上、基本的に使用される言語は英語です。英語は苦手だけれど、フィリピン語は日常会話可能という方もいますが、フィリピン語力はあまり求められていないのが実状です。具体的には、TOEIC600以上、日常英会話以上が望まれています。日系企業が顧客となる場合も、社内でのフィリピン人スタッフとのコミュニケーションは必要不可欠ですので、英語力に自信の無い方は、就職・転職活動に向けて早めのスキルアップをお勧めします。

■フィリピンの労働環境
正社員の雇用形態がほとんどですが、契約社員(一年毎の契約更新)のケースもあります。フィリピン労働法上6ヶ月間の試用期間が認められており、通常入社後6ヶ月間は見習い社員となります。無事試用期間が終了すると、正社員としての雇用契約が再度結ばれます。給与は現地採用の場合はペソ払いとなり、USドル、円で支払われるケースは稀です。

給与・賞与
フィリピン人スタッフの給与は4年生大学を卒業した新卒の場合、事務職で約9,000ペソ前後(1ペソ2.6円、2007年11月現在)です。日本人の場合、スキル経験により異なりますが、基本給として50,000ペソから100,000ペソが相場です。その他12月にクリスマスボーナスとして基本給の1か月分が13ヶ月手当てとして支給されます。
その他賞与は企業の業績等によって異なります。

福利厚生
企業により待遇は異なり、スキル、経験により応相談となります。

【休日制度】
通常、勤務開始一年後より現地スタッフ同様有給休暇が5~10日支給され、以降毎年追加されます。

【交通費】
メトロマニラ圏内の企業の場合、職種、職位にもよりますが交通費、車の支給はほとんどありません。メトロマニラ圏外の企業では、日本人の多くが便利性、安全性のためマニラ圏内に居住しているため、車の支給や日本人専用シャトルサービスが用意されています。このため、ラグナ、カビテ、バタンガス等南部地域もマニラからの通勤が可能です。

【住居費】
住居費の支給、コンドミニアム等の借り上げ、社宅への入居の何れかを提供されるケースがあります。

【医療費】
比国内に設立された法人は自動的に民間労働者社会保障制度(SSS)へ加入する事となり、病気やケガで一定期間働けなくなった場合、全額ではありませんがその期間の収入に変わる手当てが加入者に与えられます。またPHILHELTH(国民健康保険制度)に加入すると病気、ケガなどの治療費の一部が治療を受けた後に払い戻しされます。その他一定の医療機関でのキャッシュレス治療が受けられる、メディカルカードと提携している企業もあります。

所得税
比国では累進課税方式を取っており、所得税の最高税率は32%です。例えば給与が 70,000ペソの場合、約20,000ペソが所得税として自動天引する企業が多いようです。

■就職・転職活動
フィリピン国外からの転職・就職の場合、まず実際にフィリピンに現地入りをして自らの目で確認することをお勧めします。時間と多少の費用はかかるでしょうが、人生を決める大切な決断です。旅行がてらにぶらっと来る感覚でもいいと思います。何はともあれ、″百聞は一見にしかず″。現地での生活を肌で感じ、自分が就業した際の生活を想像してみるのも良いかもしれません。
 フィリピンでの求人を見つける方法としては、口コミ、新聞等の媒体、そして幣社のような人材紹介会社への登録です。日本での就職活動と違い、チャンスは限られており、又、いつ良いチャンスが訪れるかわかりません。フィリピンでの就労を目指すのであれば、少しでも早く行動に移しましょう。実際、幣社に登録された求職者の場合、1週間で就職先を見つけられる場合もありますし、数ヶ月かかる場合もあります。又、フィリピン国外在住者の場合、内定後就業までに日数を要しますが、採用側企業も理解しておりますので、即勤務可能でなくとも心配ありません。

 

■フィリピンで働くためのビザ
就職の場合は9G就労査証を取得しなければ労働できません。※外国人労働登録証明書を労働省にて申請取得後、イミグレーションにて査証を申請。)9G就労ビザは通常2年間の滞在が認められ、更新可能です。
フィリピンの企業において現地従業員では対応できない仕事を外国人が補ったり指導する場合に適用され、発給まで2~3ヶ月を要し、会社の業務内容や資本金、申請者の職務、経歴などか審査されます。

【申請書類】
会社からのリクエストレター/申請書(公証人の認証済のもの)/会社の定款・内規/労働契約書/SECの認証済定款/会社の保証書/人事部長の証明書/履歴書など

※外国人労働登録証明書
フィリピンで働く場合に必要な許可証で、就労査証と同様に労働雇用省に申請。
会社の株主である場合は必ず取得できますが、そうでない場合は総合的に審査され取得できない場合もあります。通常は申請から1~2週間で発給されます。

お問い合わせ先
株式会社サガスコンサルティング SAGASS Consulting
Website: http://www.sagass.com/ph/jpn/
担当者: 馬場泉
TEL:  632-893-8815
E-Mail: jph@sagass.com

ページ上に戻る


バナーエリア